ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 政策推進課 > 令和2年度重点事業

令和2年度重点事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月20日更新

重点事業について

本年度、本宮市が重点事業として取り組む事業をご紹介します。

令和2(2020)年度重点事業の考え方

 市では、本宮市第2次総合計画で掲げる将来像「『笑顔』あふれる『人』と『地域』が輝くまち もとみや」の実現に向け、市民が主役のまちづくりを推進しています。
 令和2年度の予算編成では、本宮市第2次総合計画前期基本計画に掲げる5つの政策分野「子育て・教育」、「健康・医療・福祉」、「経済・産業・仕事」、「生活環境・都市基盤」、「市民・行政活動」を基本として、特にニーズが高く、優先的に予算配分して取り組むものを重点事業としています。また、分野・施策横断的に取り組むものを重点プロジェクトとして位置づけ事業の構築を行っています。
 令和元年10月の令和元年東日本台風により、本市は甚大な被害を受けました。これまで復旧・復興に向けて取り組んできましたが、令和2年度においても災害復旧関連事業を最優先に実施してまいります。

2020年度予算編成スローガン

『住み続けたいまちへ みんなで育てる 新たなまち もとみや』

【災害復旧関連】

 令和元年東日本台風被害に対する災害復旧関連事業を最優先に実施し、一日も早く賑わいと元気を取り戻します。

○災害救助事業
  令和元年東日本台風による被災者へ災害救助法に基づく応急修理を行います。

○台風災害対策事業
  令和元年東日本台風の被災事業者に合った補助事業の選択、補助申請の手続きの支援を商工会とともに行います。市独自の支援として、被災事業者が緊急経済対策資金豪雨災害特別資金及び日本政策金融公庫国民生活事業令和元年東日本台風に伴う経営改善貸付等を利用した場合、信用保証料及び利子の補給を行います。

○令和元年東日本台風災害追悼復興祈念事業
  令和元年東日本台風でお亡くなりになられた方々のご冥福と水害からの復旧・復興、そして市民の安全を祈願するため追悼復興祈念事業を実施します。

<主な繰越事業>
○災害廃棄物処理事業
  令和元年東日本台風の被害により発生した災害廃棄物について、早期に処理を行います。また、半壊以上の損壊を受けた被災家屋等について、解体・撤去を行います。

○中央公民館災害復旧事業
  令和元年東日本台風により被害を受けた中央公民館及びサンライズもとみやの災害復旧実施設計等を行います。

○歴史民俗資料館災害復旧事業
  令和元年東日本台風により被害を受けた歴史民俗資料館の復旧工事、燻蒸処理を行います。

○保育所災害復旧事業
  令和元年東日本台風により被害を受けた本宮第1保育所園舎を建設するための実施設計を行います。

○市営住宅災害復旧事業
  令和元年東日本台風により被害を受けた市営住宅の復旧工事を行います。

廃棄物運搬

 

【分野1】子育て・教育

 多様なニーズに対応した子育て支援の充実、子どもたちの生きる力を育む教育環境の質の向上や地域ぐるみで支える体制づくりを推進します。
 さらに、市民が学び、高めあい、歴史や文化を誇らしく感じられる環境を整え、学びを通じた人づくり、地域づくり、文化・歴史の継承や資源の活用、市民の文化・芸術・スポーツ活動の振興を推進します。

【主な新規事業】

○出産ママヘルプ事業
  出産前後に支援してくれる方がいない妊産婦を対象に、家事支援のヘルパーを派遣します。

○妊婦訪問等事業
   妊娠期に家庭訪問等を行い、妊婦の健康状態を把握し、必要な保健指導を行うことで、安心して出産を迎えられるよう支援します。

○第2保育所整備事業
  第2保育所の開所に向けた現建物の解体及び建設を行います。

○復興ありがとうホストタウン事業
  復興ありがとうホストタウンとして、英国の子どもたちとの交流やオリンピック・パラリンピックに出場する英国選手の応援等を行うとともに、国内外へ本市の魅力を発信します。

○東京2020オリパラ賑わい創出推進事業
  東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、スポーツに対する意欲や競技力の向上、さらには地域の活性化を図るため、大会を観戦・応援する機会を提供するとともに盛り上げイベント等を実施します。

オリンピック

【分野2】健康・医療・福祉

 市民、地域、保健・医療・福祉関係機関等による連携のもと、共に支え合える仕組みづくりを行うとともに、必要な支援を受けられる環境を整え、市民の主体的な健康・生きがいづくり活動の推進を図ります。

【主な新規事業】

〇骨髄移植ドナー助成事業
  骨髄バンク事業にドナー登録をしており、骨髄等を提供される方の経済的負担の軽減を図ります。

〇障がい福祉計画策定事業
   第5期障がい福祉計画及び第1期障がい児福祉計画の計画期間が満了することから、障がい福祉施策を総合的・計画的に推進するための指針として、第6期障がい福祉計画及び第2期障がい児福祉計画を策定します。

セミナー

 

【分野3】経済・産業・仕事

 農林業、商工業の振興と市内への観光誘客・交流を図るとともに、産業構造の変化等を踏まえながら、若者のニーズや将来を見据えた企業誘致・新たな事業の創出、さらには農商工業連携の取組や環境整備を行い、地域経済の好循環と「ひと」や「もの」の還流を促進します。
 これらの取組を通して、全ての市民が自らの意思と適性に応じた仕事を選択し、意欲を持って挑戦できる、やりがいと活力に満ちたまちづくりを推進します。

【主な一部新規事業】

○商工業振興事業
  商工業の充実を図るために、商工会や商店街協同組合など関係団体との連携を密にしながら、各種事業に取り組み、活力と賑わいのあるまちを目指します。また、本市における商業の振興と適正な土地利用について、市全体を対象とした小売商業施設の適正な配置と誘導を推進するため「本宮市商業まちづくり基本構想」を策定します。

若手農業者

【分野4】生活環境・都市基盤

 環境や安全に対する意識の醸成と行動に移せる効果的な施策の展開を図ります。また、魅力的な空間を形成していくため、市民の暮らし・産業・安全を支える機能的・安定的な都市基盤の整備・維持を推進します。さらに、利用者のニーズを捉えた利便性の高い総合的な公共交通ネットワークの構築、地域特性を生かすための土地利用の最適化を図ります。

【主な新規事業】

○国土強靭化地域計画策定事業
   大規模自然災害等に備えるため、事前防災・減災と迅速な復旧・復興に資する施策を総合的・計画的に推進するための計画を策定します。

○多世代同居・近居推進事業
   新たに多世代で同居・近居することを目的に、市内に住宅取得又は市内既存住宅の増改築を行う方に対し多世代ファミリーなかよし奨励金を交付します。

○建築物耐震化促進事業
   市内建築物の耐震診断および耐震改修を実施する際の支援を行います。

○宅地耐震化推進事業
   大地震時等における滑動崩落や液状化による宅地の被害を軽減するため、大規模盛土造成地滑動崩落防止事業等を行います。

○地域公共交通計画策定事業
   市民ニーズ調査や公共交通体系の検証を行い、市民の「生活の足」として欠かせない地域公共交通を確保するための計画を策定します。

水防訓練

【分野5】市民・行政活動

 市民・地域の主体的な活動や協働を推進・支援するとともに、人権や男女共同に関する意識の醸成・普及促進を行い、性別・障がいの有無・年齢・国籍などによらず、誰もが生きがいをもって生活することのできる明るい社会の実現を目指します。
 また、行政は、全分野において、市民や地域の主体的な活動のきっかけ・仕組みづくりなどを推進するとともに、都市交流・国際交流の推進、情報通信技術の活用・普及促進のほか、中長期的・経営的視点に立ち、様々な行政資源やつながりを効果的・効率的に活用しながら行政運営の推進を図ります。

【主な新規事業】

○全国まゆみちゃん交流プロジェクト
   本宮市イメージキャラクター「まゆみちゃん」の名前の特性を生かし、全国の「まゆみ」の名のつく人を関係人口として取り込むことで、市の情報発信力の加速化を促進するとともに、関係人口と市民との自発的な交流基盤を構築します。

○電子申請システム運営事業
   福島県が構築する、インターネットを利用した簡易的な申込や届出の受付に使える電子申請システムを導入することで、市民の利便性の向上を図ります。

○SDGs推進事業
   2015年に国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)に対する意識を醸成するため、職員及び市民等に対し研修会等を開催します。

SDGs

令和元年東日本台風の影響による主な繰越事業(復旧以外)

○防災体制整備事業
  有事に備えるため、地域防災計画の改訂及び防災行動計画(タイムライン)の策定、さらに防災マップを作製します。

○除染土壌等端末輸送・仮置場関連事業
  大型車両が進入できない仮置場から、積込場となる仮置場までの除染土壌等の輸送を行います。また、仮置場の適正な維持管理と用地返却に向けての準備を行います。

○農業用ため池放射性物質対策事業
  東京電力福島第一原子力発電所事故による市内の農業用ため池の底質に蓄積している放射性物質を除去し、営農環境回復を図ります。

詳細については、下記の資料をご覧ください。

令和2年度当初予算本宮市重点事業 [PDFファイル/4.25MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)