ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 防災対策課 > 本宮市国土強靱化地域計画を策定しました

本宮市国土強靱化地域計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月21日更新

本宮市国土強靱化地域計画(令和3年度から令和10年度)

令和3年4月に本宮市国土強靱化地域計画を策定しました。

計画策定の背景

国では、平成25年12月に「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法」(以下「基本法」という。)を制定するとともに、平成26年6月に「国土強靱化基本計画」を策定しています。

また、福島県では、平成30年1月に「福島県国土強靱化地域計画」を策定しました。

本市においても、東日本大震災や令和元年東日本台風から得た教訓を踏まえ、いかなる災害等が発生しようとも、「致命的な被害を負わない強さ」と「速やかに復旧・復興できるしなやかさ」を備えた強靱な地域社会を構築し、安全で安心なまちづくりを推進するため、「本宮市国土強靱化地域計画」を策定しました。

計画の位置付け

本計画は、基本法第13条に基づく国土強靱化地域計画であり、市の最上位計画である「本宮市第2次総合計画」との整合性を図りつつ、国土強靱化に関する施策を総合的かつ計画的に進めるための指針として策定するものです。

また、国の基本計画、県の地域計画と調和のとれた計画とすると同時に、「本宮市地域防災計画」をはじめとする様々な分野の「強靱な地域づくり」という観点について指針性をを持つ計画と位置付けています。

計画の期間

令和3年度から令和10年度までの8年間です。

ただし、計画期間中においても、施策の進捗状況や社会経済情勢の変化等を踏まえ必要に応じて柔軟に見直しを行うものとします。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)