ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > 白沢中出身の中野胡桃さんが全国陸上競技大会の出場を報告

白沢中出身の中野胡桃さんが全国陸上競技大会の出場を報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月19日更新

中野胡桃さんが全国陸上競技大会出場

白沢中学校卒、福島成蹊高校3年の中野胡桃さんが、10月16日、市役所を訪れ、「JOCジュニアオリンピックカップ 全国高等学校陸上競技大会2020」の高校女子やり投の部に出場することを高松市長へ報告しました。

中野さんは、令和2年8月23日にあづま陸上競技場で開催された「第75回福島県陸上競技選手権大会兼第66回福島県高等学校体育大会代替大会」の陸上競技女子やり投の部で、52.32メートルの大会および県高校の新記録を樹立し、見事優勝。全国大会への切符を手にしました。

高松市長から、「コロナ禍でなかなか思うような練習ができないかもしれませんが、ぜひ力を発揮して頑張ってきてほしい」と激励の言葉がありました。

JOCジュニアオリンピックカップ 全国高等学校陸上競技大会2020は、10月23日(金曜日)から広島で開催されます。

全国大会出場を報告する中野胡桃さん

▲高松市長に全国大会出場を報告した中野胡桃さん(中央)