ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健課 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月15日更新

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。

発熱やのどの痛み、咳(せき)が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさを訴えることが特徴です。

感染から発症までの潜伏期間は1日から12日(多くは5日から6日)といわれています。

新型コロナウイルスは飛沫(ひまつ)感染と接触感染によりうつるといわれています。

飛沫感染 

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の人がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

飛沫感染

 

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触れるとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

接触感染

市民の皆さんにお願いしたいこと

(1)換気の悪い密閉空間

(2)多くの人が密集する場所

(3)近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われる場所

を避ける行動をとってください。

これまでのデータから、3つの条件が重なる場所は集団感染が起きやすい場所となっています。3つの条件が重なる場所や場面を想定し、避ける行動をとってください。