ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > コロナ対策で「新しい行政区活動様式」

コロナ対策で「新しい行政区活動様式」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月13日更新

「新しい行政区活動様式」を取り入れた活動の工夫を図りましょう。

 「ウィズコロナ時代」の中においても、行政区における”地域のつながり”を継続していくためには、行政区活動上の工夫が必要です。

 安心して行政区活動を続けていくための一助としまして、行政区における感染予防策や活動方法などに関する基本的な考え方をまとめております。

 皆さんおひとりお一人の意識を高めながら、行政区活動内容の工夫を図り、行政区の皆さんで地域活動を続けていけるようにご協力をお願いします。

「新しい行政区活動様式」に関するリーフレット [PDFファイル/767KB]

「新しい行政区活動様式」に関するリーフレット_A3版冊子印刷用 [PDFファイル/1.72MB] ※印刷設定:用紙サイズA3、両面(短辺とじ)

コロナ対策に欠かせない行動

予防に欠かせない3つの行動

 ○マスクを着ける  ○手・指の消毒・手洗い  ○うがいをする

行政区活動に欠かせない3つの行動

 ○3密を避け、定期的に換気する  ○検温などの健康管理をする  ○参加者を把握する

活動別のポイント

屋内活動(集会、役員会など)

 ○時間の短縮、資料の事前配布をしましょう。

 ○定期的な換気を行うとともに、仕切り板を使用する、対面を避けるなど、人と人との間隔を確保する工夫をしましょう。

 ○参加者が多い時は、公民館などの広い会場を使いましょう。

 ○発言するときは、飛沫防止のため大声を控えましょう。

 ○飲食はできるだけ控えましょう。飲食する場合は、なるべく個包装のものを選び、大皿での提供を控えましょう。

屋外活動(お祭り、防災訓練、美化活動など)

 ○参加者が多いときは、時間を分けるなど、3密を避ける調整をしましょう。

 ○食事を行うときも3密にならないよう工夫し、会話を控えましょう。

運動を伴う活動(レクリエーションなど)

 ○接触を伴うプログラムは控え、時間を短縮しましょう。

 ○大きな声での会話を控え、拍手で応援しましょう。

 ○走る・歩く運動は、前の人の呼気に触れないよう、横に並んだり間隔を空ける工夫をしましょう。

 ○特に控え室や更衣室は、3密にならない工夫をしましょう。

回覧板など

 ○人との接触を減らすために、回覧板に挟んでポストに投函する、袋などを利用し玄関先に下げておくなど、直接の手渡しを避けましょう。

 ○地域で作成するチラシ等は、市の広報チラシを配布時期を合わせましょう。

連絡・訪問・見守り活動など

 ○言づけで足りる連絡は、電話やメールを活用しましょう。

 ○集金等で訪問する場合は、あらかじめ電話で伝えるなどし、面会が短時間で済むように工夫しましょう。

 ○近隣の見守り活動は、インターホン越しの会話や電話、手紙などで済む場合は、直接の接触を避けましょう。

各行政区で感染予防対策用品を準備しましょう

 ○マスクやフェイスシールド

 ○手指用消毒液

 ○施設用消毒液

 ○非接触型体温計

 ○仕切り板   など

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)