ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > シルバー人材センターが市へ要望書を提出

シルバー人材センターが市へ要望書を提出

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月2日更新

生涯現役社会実現のため市の協力を要望

 公益財団法人本宮市シルバー人材センターは、9月2日、「生涯現役社会」を実現するためにシルバー人材センターへ支援をお願いする要望書を市へ提出しました。

本宮市シルバー人材センターの本多勝春理事長から高松市長へ要望書が手渡され、高松市長は「イコールパートナーシップとして、高齢者の生涯現役や生きがいづくりなどのため、市も協力します」と語りました。

要望書を提出した本田勝春理事長(右)

▲要望書を提出した本多勝春理事長(右)