ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 長屋地区の諏訪神社獅子舞

長屋地区の諏訪神社獅子舞

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月7日更新

市指定無形文化財、190年以上の歴史がある伝統行事

市指定無形文化財「諏訪神社獅子舞」が、10月6日、長屋地区の長屋神社・諏訪神社で行われ、190年以上の歴史があるという伝統の舞が奉納されました。

諏訪神社獅子舞は、地域の繁栄を願い、氏子の方々により途絶えることなく伝承されてきました。

色とりどりの願い事が書かれた簓(ささら)と呼ばれる竹の枝は縁起ものとされ、舞が終わると参拝者に配られました。

笛や太鼓に合わせて舞う
▲笛や太鼓に合わせて舞う

長年受け継がれてきた笛や太鼓
長年受け継がれている笛と太鼓の演奏