ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の加入と届出

国民年金の加入と届出

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

国民年金の加入

国民年金に必ず加入しなければならない人は、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人です。国民年金加入者のことを被保険者といい、職業等により3種類に分類されます。このうち、自分自身で保険料を納めなければならないのは、第1号被保険者の人だけです。

加入の種類

加入者の種類
第1号被保険者日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人で、農林漁業従事者、自営業者、学生など被用者年金制度に加入していない人

第2号被保険者
会社等厚生年金保険の被保険者や公務員等共済組合の年金制度に加入している人
第3号被保険者厚生年金保険や共済組合の被保険者に扶養されている20歳から60歳未満の配偶者。第2号被保険者の勤務先で手続きが必要です
  • 任意で加入できる方
    ・日本国内に住んでいる20歳から60歳未満で被用者年金制度の老齢(退職)年金を受けられる人。
    ・日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の人。
    ・日本人で海外に住んでいる20歳以上65歳未満の人
    ・65歳以上70歳未満の人。(老齢基礎年金の資格を満たしていない昭和40年4月1日以前に生まれた人) 

関連情報リンク

   日本年金機構ホームページ(別ウィンドウで開きます。)<外部リンク>

国民年金の届出

就職、退職、転職などの際には国民年金の届出をしてください。届出をしなかったために、年金が受けられなくなる場合がありますので、ご注意ください。 印鑑、年金手帳のほかに添付書類が必要な場合もありますので、届出前に確認してください。

届出が必要なときと必要なもの
こんなとき届け出に必要なもの
20歳になったとき(厚生年金、共済組合加入者は除く)資格取得届出書、印鑑
会社をやめたとき退職日のわかる書類、年金手帳
会社員である配偶者の扶養からはずれたとき扶養からはずれた日がわかる書類、年金手帳
任意加入するとき年金手帳、印鑑
会社員や公務員になったとき勤務先の健康保険証、年金手帳
死亡したとき給付の手続きが必要な場合がありますので、ご相談ください
保険料を納められないとき(申請免除、学生納付特例)年金手帳、印鑑(※学生は、学生証または在学証明書)
年金を請求するとき個々の状況により異なりますので、お問い合わせください

お問い合わせ先

市民部 市民課 国保年金係
〒969-1192 福島県本宮市本宮字万世212番地
電話:0243-24-5342 Fax:0243-34-3138

白沢総合支所 市民福祉課 市民窓口係
〒969-1292 福島県本宮市白岩字堤崎494番地22
電話:0243-44-2114 Fax:0243-44-2447