ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務課 > シェイクアウト訓練を実施しました

シェイクアウト訓練を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月12日更新

福島県内で行われた「シェイクアウトふくしま」にあわせて、本宮市役所での訓練が9月11日午前11時に実施され、職員と来庁者が地震を想定した訓練を行いました。

シェイクアウト訓練は、地震に備えた安全確保行動((1)低い姿勢 (2)頭を守る (3)動かない)を実施する訓練です。今回の訓練では福島県沖でM7.8の地震があり、震度6弱を観測したとの想定で行われ、参加した職員と来庁者は、訓練時刻の午前11時に、その場に伏せて手で頭を覆ったり、机の下に避難したりするなど、身を守る訓練を行いました。その後、敷地内駐車場へ避難する訓練もあわせて行いました。

訓練後の訓示で佐々木副市長は「東日本大震災から7年6か月が経過し震災前の生活が戻ってきているが、先日は北海道胆振東部地震が発生し、被災地では地震による大きな被害が出ている。公助を担う市職員として迅速な行動がとれるようにしてほしい」と述べました。

シェイクアウト訓練で屋外へ避難する職員

▲シェイクアウト訓練で屋外へ避難する職員