ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 救急・消防・防災 > 避難 > 原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置に係る申請受付について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 震災関連情報 > 被災された皆さまへ > 原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置に係る申請受付について

原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置に係る申請受付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置に係る申請受付について

原発事故による母子避難者等を対象とする高速道路の無料措置の申請について、次のとおり受付いたします。

【 対象者】

平成23年3月11日の原発事故発生時に本宮市に居住しており、原発事故により避難して二重生活を強いられている母子避難者等(妊婦を含む。)および本宮市に残る父親等(妊婦の夫を含む。)が対象となります。本宮市内での避難は該当になりません。

 【対象車種】

中型車以下(対象者が運転または同乗している車両)

 【対象走行】

東北自動車道、常磐自動車道等の対象路線内における、母子等避難先の最寄りインターチェンジと父親等居住地の最寄りインターチェンジ間の走行(途中乗車・下車不可)

対象地域内に残る父親等が母子等避難先に向かう場合も対象になります。

※出口料金所で確認用書面の提示、一部該当にならない道路、ETC無線走行では無料措置されない等の条件があります。

 【利用方法】

証明書の交付を受けた後、対象となる走行に対し無料措置を適用します。その際、出口料金所では、入口料金所で受け取った通行券とあわせて、下記の書面の提示が必要となります。(原本の提示が必要:コピー不可)

(1)無料措置の対象者であることの証明書

(2)対象者本人確認書面(運転免許証、パスポート、健康保険証等の公的機関が発行するもの)

 【実施期間】

平成25年4月26日(金曜日)から平成27年3月31日(火曜日)まで。

※当初は平成26年3月31日(月曜日)までとなっておりましたが、上記期間まで延長となりました。

※すでに証明書を発行している方は、現在の証明書を引き続きご利用になれますが、利用世帯の状況に変更がある場合
 (住所変更、もしくは子が平成25年3月31日までに18歳となった場合など)は再申請が必要な場合があります。該当の方
 は市役所担当までご連絡ください。

 【申請受付】

(1)受付時間

  午前8時30分から午後5時15分

  ※ただし、土・日・祝祭日、年末年始(12月29日から1月2日)は受付できません。

(2)受付場所

  所定の申請用紙に添付書類を添付し申請願います。

  ・本宮市役所 1階 防災対策課

  ・郵送

  ※証明書の交付には、所定の審査を経る必要があり受付日から約1週間程度要します。証明書の交付準備ができましたら電話連絡しますので、上記受付時間内に受け取りに来てください。なお、郵送での受け取りを希望される場合は、82円切手を貼り付けた返信用封筒を持参または同封願います。

【郵送での受付先】

〒969‐1192
本宮市本宮字万世212番地 本宮市役所 防災対策課 

【申請書および添付書類等】

証明申請書 [PDFファイル/130KB]  

※2ページ目に添付書類一覧が記載されておりますので、印刷する場合は両面印刷になるように出力をお願いします。

証明申請書 [Excelファイル/28KB]

同居証明書 [PDFファイル/44KB](別紙様式1)

就労申告書 [PDFファイル/43KB](別紙様式2)

就園・修学申告書 [PDFファイル/43KB](別紙様式3)

申請書記載例1 [PDFファイル/174KB]

申請書記載例2 [PDFファイル/139KB]

・ 請書記載例3  [PDFファイル/138KB]

【 その他】

この制度の詳細については、下記の復興庁または国土交通省ホームページをご覧ください。

復興庁<外部リンク>

国土交通省<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)