交通安全

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月1日更新

福島県交通安全年間スローガン

「 思いやり 人も車も 自転車も 」

全国交通安全年間スローガン

運転者(同乗者を含む)部門 「 ぼくはここ チャイルドシートが 指定席 

歩行者・自転車利用者部門 「 行けるかな 渡れそうでも 待つ勇気 

子ども部門 「 星キラリ 自転車ピカリ 帰り道 

本宮市の年間重点目標

(1) 交通死亡事故ゼロ
(2) 高齢者の交通事故防止
(3) 自転車の安全利用の推進
(4) 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
(5) 飲酒運転、速度超過などの悪質・危険な運転の追放
(6) 子どもの交通事故防止
(7) 交差点・カーブにおける交通事故防止
(8) 夜間の交通事故防止

各季の交通安全運動

 各季節ごとに交通安全を推進しています。

各季の交通安全運動
運動の名称運動期間
春の全国交通安全運動

5月11日から5月20日の10日間

夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動7月16日から7月25日の10日間
秋の全国交通安全運動9月21日から9月30日の10日間 
年末年始の交通事故防止県民総ぐるみ運動 12月10日から1月7日の29日間

毎月の交通安全運動

毎月の交通安全運動
運動の名称実施日運動の重点など
交通事故ゼロ・歩行者優先の日毎月1日
  • 子ども、高齢者等に対する思いやり運転の実践
  • ノーマイカーデーへの参加、協力

事故の発生状況(平成22年1月1日から平成22年12月31日)

本宮市の事故の発生状況
  件数死者傷者
平成22年1673188
平成21年1682204
増減数-11-16
増減率-1%50%-8%

郡山北警察署本宮分庁舎管内 (大玉村含む)の事故の発生状況
件数死者傷者
平成22年1943222
平成21年2102257
増減数-161-35
増減率-8%50%-14%

※詳細は郡山北警察署本宮分庁舎のホームページをご覧ください。

チャイルドシートの貸出

本宮市ではチャイルドシートの貸出をしています。なお、数に限りがありますので、事前にご連絡ください。
チャイルドシートのイラスト

対象者

市内に住所を有する6歳未満の乳幼児の保護者であって、自動車の運転資格を有する方

種類および貸付期間

※乳幼児1人につき1台

種類および貸付期間
チャイルドシートの種類貸付期間
チャイルドシート12カ月以内
ジュニアシート12カ月以内

費用

無償。
ただし、貸付期間中の管理および返却時の洗浄にかかる費用は自己負担になります。

市民交通災害共済

 福島県市民交通災害共済は、交通事故被災者の方を救済する目的で、県内すべての市で運営している共済制度です。
 国内の交通事故による災害の程度に応じて、見舞金が支給されます。万が一の交通事故に備え、ご家族全員でご加入することをお勧めします。

詳細は市民交通災害共済をご覧ください。

本宮市交通安全計画 (計画期間:平成18年度から平成22年度)

 交通安全計画は、交通安全対策基本法に基づいて策定し、県等関係機関・団体と一体となって各般にわたる交通安全対策の強化に推進しています。

 本宮市交通安全計画の全文は以下からご覧ください。

本宮市交通安全計画[PDFファイル/293KB]

PDFファイルを利用する際は、Adobe Reader が必要となります。 お持ちでない方は、Adobe社のホームページ(外部リンク)よりダウンロードできます。

皆様のご意見をお聞かせください。

本宮市では、お寄せいただきました貴重なご意見・ご要望に対して回答いたしますので、返答を希望されるかたは、「市役所の業務やウェブサイトに対するお問い合わせ」にてご意見をお寄せください。
市役所からの回答を必要としない場合は「市政に関するご意見・ご提案」から、ご意見・ご提案をお寄せください。

本宮市
〒969-1192 福島県本宮市本宮字万世212 [ 地図 ] [ 開庁時間 ]
電話:0243-33-1111(代表) Fax:0243-34-3138

白沢総合支所
〒969-1292 福島県本宮市白岩字堤崎494番地22 電話:0243-44-2111 Fax:0243-44-2447