トップ > 組織でさがす > 防災対策課 > ハザードマップ

ハザードマップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月19日更新

洪水ハザードマップ

本宮市は、古くから水害の被害を受けてきました。
市では、市民の皆さんの避難に役立てていただくため、国土交通省東北地方整備局で発表(平成14年4月30日告示)した図面をもとに、150年に1回程度起こる大雨(2日総雨量257mm)が降ったことにより、阿武隈川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を示した地図を作成・発表しております。
※平成26年度に要配慮者利用施設一覧を追加しました。

本宮地区洪水ハザードマップの印刷はこちらから[PDFファイル/2,113KB]
白沢地区洪水ハザードマップの印刷はこちらから [PDFファイル/1,418KB]
洪水ハザードマップにおける要配慮者利用施設一覧の印刷はこちらから [PDFファイル/347KB]

本宮市洪水ハザードマップの特徴

避難情報発令の目安(水位)が示されています。

  • 避難準備(避難準備を促す)6.0メートル
  • 避難勧告(避難開始)6.3メートル
  • 避難指示(避難勧告よりも強い指示)7.0メートル

※この目安(水位)は、あくまでも目安であり、避難情報(避難勧告、避難指示など)の発令は、気象状況、水位状況などを総合的に判断(目安より早まる場合や、目安に達しても発令されない場合があります。)して決定し、防災無線などを通じてお知らせいたします。
※この目安(水位)は、阿武隈川高木水位観測所の観測水位を基準としています。

防災マップ

大雨や地震による土砂災害危険箇所や、安達太良山噴火による被害予想区域と避難場所を掲載しています。
※土砂災害危険箇所の情報は、福島県の調査・発表(平成15年度)によるものです。
※火山災害危険箇所の情報は、安達太良山火山防災連絡会議が検討・発表(平成13年度)したものです。

本宮地区防災マップの印刷はこちらから[PDFファイル/1,982KB]
白沢地区防災マップの印刷はこちらから  [PDFファイル/623KB]

ハザードマップ活用のポイント

(1)被害を想定してみる

  • 家や、家の周辺で被災する危険性
    (家の裏に急傾斜地がある。家の前に川や水路がある。など…)
  • 通勤通学中や避難途中での被災する危険性
    (避難ルートに急傾斜地や堤防がある。通行止めになる橋がある。など…)

(2)被害に遭遇しにくい行動を考える

  • 避難準備や避難に要する時間を考え、予測する。
    (高齢者や子ども、障がい者など災害弱者は、時間が必要です。)
  • 避難場所を確認しておく。
  • 被災しにくい避難経路を考え、確認しておく。
  • 身の回りの災害時に役立つ物資などを確認し、点検する。

このハザードマップを活用して、災害時には、すばやく安全に避難できるよう備えましょう。

ハザードマップの入手先

(1)このホームページから印刷する。
必要なハザードマップの「印刷アイコン」をクリックして印刷してください。
(2)市役所の窓口で受け取る。
本宮市役所市民部防災対策課の窓口で申し出てください。

PDFファイルを利用する際は、Adobe Reader が必要となります。 お持ちでない方は、Adobe社のホームページ(外部リンク)よりダウンロードできます。洪水ハザードマップにおける要配慮者利用施設一覧の印刷はこちらから [PDFファイル/347KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

本宮市では、お寄せいただきました貴重なご意見・ご要望に対して回答いたしますので、返答を希望されるかたは、「市役所の業務やウェブサイトに対するお問い合わせ」にてご意見をお寄せください。
市役所からの回答を必要としない場合は「市政に関するご意見・ご提案」から、ご意見・ご提案をお寄せください。

本宮市
〒969-1192 福島県本宮市本宮字万世212 [ 地図 ] [ 開庁時間 ]
電話:0243-33-1111(代表) Fax:0243-34-3138

白沢総合支所
〒969-1292 福島県本宮市白岩字堤崎494番地22 電話:0243-44-2111 Fax:0243-44-2447