ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > さまざまな災害を想定し訓練
現在地 トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 救急・消防・防災 > 防災 > さまざまな災害を想定し訓練

さまざまな災害を想定し訓練

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月2日更新

本宮市総合防災訓練

 本宮市総合防災訓練は10月1日、本宮第一中学校をメイン会場に開催されました。

 本宮1区から本宮5区、本宮10区から本宮12区を対象に実施した訓練には、地元行政区、自主防災組織、地元消防団、郡山北警察署本宮分庁舎、安達広域消防本部、埼玉県上尾市、全国へそのまち協議会、災害時応援協定を締結している事業所や組織などの多くの団体や市民の皆さん、約800人が参加しました。

 5回目となった今回の訓練は、台風による大雨・洪水警報が発令される中、県中通り中部を中心にマグニチュード6.7の地震が発生し、家屋の倒壊や強風下における住宅密集地での火災、ライフラインへの被害を想定して行われました。

 今回の訓練は、Jアラートによる警報発令時の初動訓練、AED講習や消火器の使い方などを体験する訓練や避難訓練なども行われ、多くの市民が参加しました。また、地元本宮12区の自主防災会の協力で、避難所開設、避難者移送などの訓練も行いました。

 参加者は、大規模な災害に備え、行動を確認し合い、訓練を行いました。

初期消火訓練を行う女性消防協力隊

初期消火訓練を行う女性消防協力隊

AED使用について講習を受ける参加者

AED使用について講習を受ける参加者

中継送水訓練を行う本宮市消防団と南消防署

中継送水訓練を行う本宮市消防団と南消防署