ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 放射能対策課 > 今年度の中間貯蔵施設への輸送が開始されました

今年度の中間貯蔵施設への輸送が開始されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月15日更新

本宮地区等仮置き場より搬出開始

11月15日、今年度の中間貯蔵施設への除染土壌の輸送が開始されました。

これは、市内の住宅等除染作業により発生した除染土壌について、環境省が中間貯蔵施設へ輸送を行うもので、本市本宮地区等仮置き場から約5,800㎥を輸送するものです。

初日は大型ダンプ4台が大型土のう計24袋を積み込み搬出しました。ルートは市道大山・松沢線などを通り国道4号経由で、東北自動車道本宮ICから高速道路を利用して輸送を行うものです。

今後、天候などの状況を見ながら来年3月の完了を目指して行きます。


除染土壌を積み込んだ大型ダンプが本宮等仮置き場から出発する様子