ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと > 入札・契約 > お知らせ > 市発注工事に係る現場代理人常駐義務の緩和措置拡大について

市発注工事に係る現場代理人常駐義務の緩和措置拡大について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

 
 市発注工事に係る現場代理人につきましては、現在、請負金額に応じて最大3件の工事兼務を認めていますが、今般の災害復旧工事の増加を踏まえ、平成26年2月10日付け制限付一般競争入札公告分より、別添のとおり変更いたします。

■詳細はこちらをご覧ください。
 
 →現場代理人常駐義務緩和措置の拡大 [PDFファイル/58KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)