ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと > 入札・契約 > 入札・契約制度 > 中間前払金制度について

中間前払金制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月18日更新

下記のとおり、中間前払金制度を導入いたしました。

中間前払金制度とは

建設工事の前払金について、当初の前払金(請負金額の4割以内)に追加して、工期半ばで 請負金額の2割以内を受けることができる制度です。

対象工事について

次の条件をすべて満たしている工事です。

(1)当初請負金額が500万円以上
(2)当初工事期間が60日以上

請求要件について

次の条件をすべて満たしていることが必要です。
(1)請負者が、保証事業会社と中間前払金に関して保証契約を締結していること。
(2)工期の2分の1を経過していること。
(3)工期の2分の1を経過するまでに実施すべき作業が行われていること。
(4)工事の進捗出来高が、請負金額の2分の1以上に達していること。

手続きについて

中間前払金の支払いを希望する方は、下記のとおり手続きを行ってください。

(1)市工事担当課へ「中間前払金認定請求書」および「履行報告書」を提出
(2)中間前払金認定請求書提出後7日以内に、市から「中間前払金認定調書」を受領
(3)保証会社へ「中間前払金認定調書」を提出し、保証申し込み。
(4)保証会社から「中間前払金保証証書」を受領
(5)市工事担当課へ「中間前払金保証証書」と「中間前払金請求書」を提出
(6)中間前払金の受領(指定金融機関の口座への振込み)

 手続きの流れ

保証会社(東日本建設業保証株式会社)のホームページ<外部リンク>

指定様式

提出いただく書類
 名称様式番号様式
1中間前払金認定請求書、履行報告書様式第24号[Wordファイル/21KB]
2中間前払金請求書様式第26号[Wordファイル/20KB]