ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市民参加 > 選挙 > 期日前投票と不在者投票について

期日前投票と不在者投票について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

期日前投票と不在者投票ができる人について

 本宮市選挙人名簿に登録されている人で、選挙の当日、次のいずれかに該当する人は期日前投票もしくは不在者投票をすることができます。

  1. 職務や業務などに従事していること。(仕事、学業、冠婚葬祭など)
  2. 1以外の用事などで投票区外に旅行したり、滞在すること。(震災・原発事故による避難など)
  3. 疾病、負傷、出産、身体障がいなどにより歩行が困難であること。または、刑事施設等に収容されていること。
  4. 住所異動のため本宮市以外に居住していること。
  5. 天災または悪天候により投票所に到達することが困難であること。

期日前投票

投票期間

 選挙の公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日までの間

投票時間

 午前8時30分から午後8時まで

投票所の場所

  • 本宮市役所(本宮字万世212番地)
  • 白沢総合支所(白岩字堤埼494番地22)
    ※選挙によって変更となる場合があります。

 投票手続

 期日前投票所で「宣誓書」に記入していただくだけで、投票所での投票と同じように投票ができます。

 

 不在者投票 

不在者投票の種類

他市町村の選挙管理委員会における不在者投票

 本宮市選挙管理委員会へ「不在者投票宣誓書(請求書)」を直接または郵送により提出してください。その後、投票用紙等を郵送で送付しますので、現在居住している市町村の選挙管理委員会が指定する不在者投票所で投票をすることができます。
 本宮市外の人で、本宮市での不在者投票を希望する人は、次の場所で投票ができます。

  • 本宮市役所(本宮字万世212番地)
  • 白沢総合支所(白岩字堤埼494番地22)

本宮市選挙管理委員会における不在者投票

 投票日に18歳を迎え選挙権を持つことになる人は、期日前投票ではなく不在者投票をすることとなります。市内の不在者投票所で投票することができます。

指定病院等における不在者投票

 手続きは、「他市町村の選挙管理委員会における不在者投票」とほぼ同じです。投票用紙等は病院長等を通じて請求することができ、投票は病院等で行うことができます。

 ※「指定病院等」とは福島県選挙管理委員会が指定する病院、老人ホーム、身体障がい者支援施設などです。

郵便等による不在者投票

 身体の重い障がいなどにより投票所に行くことが困難な人は、郵便等により自宅等で投票することができます。ただし、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けておく必要があります。
 郵便等による不在者投票ができる人は次のとおりです。

区分

障がい等の程度

郵便等による不在者投票ができる人

身体障がい者手帳

両下肢、体幹、移動機能

1級または2級

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸

1級または3級

免疫、肝臓

1級から3級

戦傷病者手帳

両下肢、体幹

特別項症から第2項症

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓

特別項症から第3項症

介護保険の被保険者証

要介護状態区分

要介護5

 

 


 また、上記の障がい等に加え、次に該当する人は代理記載制度を利用して投票することができます。

区分

障がい等の程度

代理記載制度を利用できる人

身体障がい者手帳

上肢、視覚

1級

戦傷病者手帳

特別項症から第2項症

郵便等による不在者投票の方法
1.「郵便等投票証明書」の交付申請

 本宮市選挙管理委員会にて証明書を発行しますので、次のものを準備し、郵送もしくは代理人持参により申請をしてください。
 なお、代理人の人が持参する場合は、委任状 [Wordファイル/24KB]が必要となります。

 ★代理記載制度を利用する場合

2.投票手続き

 本人からの請求に基づき、投票用紙等を交付しますので、次のものを準備し、郵送もしくは代理人持参により申請をしてください。
 なお、投票用紙等請求書の提出期限は、選挙期日の4日前までとなります。

  • 請求書(選挙が近くなった時に掲載します)
  • 郵便等投票証明書(選挙管理委員会から交付されたもの)

 選挙管理委員会において書類を確認し、投票用紙等を郵送します。

 自宅等において交付された投票用紙に記載し、内封筒と外封筒に入れ封をし、外封筒に署名をしてから、返信用封筒にて選挙管理委員会へ郵送してください。(郵送以外は不可)