ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市政 > 都市間交流 > 上尾市「元気フェスタ原市2012」で物産販売

上尾市「元気フェスタ原市2012」で物産販売

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月22日更新

烏骨鶏、漬け物、ドレッシング、本宮市産品販売も大好評

  10月21日に、上尾市の原市地区で開催された「元気フェスタ原市2012」で、烏骨鶏の焼き鳥、七福宝漬け、白岩地区のひまわり油を使ったサラダドレッシングなど本宮市産品を販売しました。
 原市地区では、地域のコミュニティづくりのため、10年前からこのフェスタを始めたということです。実行委員会の皆さんは、震災以降、上尾市が支援している本宮市を何らかの形で支援できないかと考え、本宮市をフェスタに招待したものです。
 約4,000人が来場し、本宮市の店の前にも長い列ができるほど、好評のうちに販売を終えることができました。


festa01festa04festa02