ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > 英国・高層火災現場で献花
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市政 > 国際交流 > 英国・高層火災現場で献花

英国・高層火災現場で献花

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月20日更新

犠牲者を哀悼

 「未来へつなげる もとみや英国訪問団」は、現地時間の19日午後、ロンドン西部で6月14日に発生した高層住宅火災の現場を訪れ、犠牲者を哀悼し献花を行いました。

 現場近くの教会の献花台に高松市長や渡辺由紀雄市議会議長、菅野大地さん(本宮一中3年)ら5人が団員を代表して献花しました。

 本宮市は高層住宅火災の被災者支援のため、市内の公共施設6カ所に募金箱を設置しています。

 その後一行は、在英国日本国大使館を訪問し、鶴岡公二駐英大使と面会しました。

 20日は、ケンジントン&チェルシー王立区内の福島庭園と市の英国庭園の姉妹庭園覚書締結式などに臨みます。また、王立区役所で本宮市主催の記念レセプションも行う予定です。

被害者に哀悼の意を示しながら、献花する訪問団

被害者に哀悼の意を示しながら、献花する訪問団

在英国日本国大使館を訪問し、鶴岡大使と面会した一行

在英国日本国大使館を訪問し、鶴岡大使と面会した一行