ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 生涯学習センター > 未来へつなげる市民の集い2019を開催

未来へつなげる市民の集い2019を開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月13日更新

震災を風化させないこと、明るい未来に向かい希望を繋げることを目的とした「未来へつなげる市民の集い2019 春らんまん寄席」は、3月10日、しらさわカルチャーセンターで開催されました。

イベントでは、東日本大震災で犠牲となられた人々へ黙とうが行われた後、高松市長が「震災は忘れていけない出来事だが、前を向いていかなくてはいけない。今回の市民の集いでは落語を開催したので、たくさん笑って楽しんでいただきたい」と挨拶しました。寄席では林家楽市さん、林家木久蔵さん、笑福亭鶴笑さん、マギー司郎さん、落語協会会長の柳亭市馬さんなどが登場。会場は子どもから高齢者まで多くの人が来場し、巧みな話芸やマジックショー、紙切り芸など多彩な内容を楽しみました

寄席を楽しむ来場者たち