ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市政 > 都市間交流 > 上尾市の子どもたちが本宮市を初めて訪問

上尾市の子どもたちが本宮市を初めて訪問

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月3日更新

バレーボール・ミニバスケットボールで交流

 2月1日、上尾市スポーツ少年団の子どもたち23人が本宮市を訪れ、本宮市のスポーツ少年団の子どもたち28人と室内競技をとおして交流を図りました。
 上尾市では、震災以降本宮市を継続的に支援していただいており、これまで野球・サッカー・剣道など、子どもたちの交流事業を進めてきました。
今回は上尾市から本宮市への初めての訪問となりました。
 子どもたちはバレーボール3チーム・ミニバスケットボール2チームで交流試合を行い、日頃の練習の成果を十二分に発揮していました。
 また、2月2日には、上尾市の子どもたちがあだたら高原スキー場でスキーを楽しみました。


 開会式の様子 
▲開会式の様子

交流試合の様子(バスケットボール) 交流試合の様子(バレーボール) 試合後の交流の様子 試合後の交流の様子
▲ミニバスケットボールとバレーボールの交流試合のあと、親睦を深める子どもたち

  あだたらスキー場でスキーを楽しむ上尾市の子どもたち あだたらスキー場でスキーを楽しむ上尾市の子どもたち
▲翌日、上尾市スポ少の皆さんは、あだたらスキー場でスキーを体験しました