ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 幼保学校課 > 市内中高生3人がベラルーシ派遣団へ参加

市内中高生3人がベラルーシ派遣団へ参加

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月12日更新

市長へ参加の意気込みを語りました

一般社団法人「福島子どもの未来を考える会」が主催する、ベラルーシ派遣団2018参加報告会が、7月9日、市役所で行われ、本市から参加する中学生2人、高校生1人が高松市長へ参加の報告を行いました。この事業は今年で7回目となり、国際交流活動を経験し、ふくしまの未来を支える人材育成を目指すことを目的に取り組まれています。

報告会で生徒は「現地の人と積極的に交流し、帰国後に体験したことを伝えたい。」と意気込みを語りました。市長は「ベラルーシの現状を体験し、多くの人に伝え、将来の糧にしてほしい」と激励の言葉を送りました。

参加者写真

ベラルーシ派遣団に参加する本宮第二中学校2年の橋本友真さん(前列左から2番目)と同校2年の高橋爽太さん(前列中央)、須賀川桐陽高校1年の関歩夢さん(前列右から2番目)