ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > 夢先生 中学生にエール

夢先生 中学生にエール

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月2日更新

JFAこころのプロジェクト「夢の教室」

JFA(日本サッカー協会)こころのプロジェクト「夢の教室」は、1月30日31日、本宮第一中学校で開催されました。「夢の教室」は、自分の将来について考えるきっかけづくりのため、小学5年生と中学2年生を対象とし、全国で行われています。

30日は、元フットサル選手の市原誉昭さんが「夢先生」として登壇しました。市原選手は、「ゲームの時間」で生徒とフットサルボールを使ったミニゲームに挑戦。「トークの時間」では、これまでの体験談を交え、夢や目標を持つことの大切さを説きました。また、31日には元プロ野球選手の立川隆史さんも教壇に立ち、生徒にエールを送りました。

ミニゲームを通してチームワークの大切さを説いた市原選手

▲ミニゲームを通してチームワークの大切さを説いた市原選手

経験談を交え、夢を持つ大切さを伝えた立川選手

▲経験談を交え、夢を持つ大切さを伝えた立川選手