ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

就学援助制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

就学援助制度の趣旨

経済的な理由により、学校に通うことが困難と認められる児童生徒の保護者に対し、学用品費、学校給食等にかかる費用の一部を援助する制度です。

就学援助の対象になる方

本宮市に住所を有し、以下の基準に該当する児童生徒の保護者で、教育委員会が認定する方。

  • 生活保護法に基づき生活保護の停止または廃止になった世帯
  • 市民税が非課税、減免されている世帯
  • 固定資産税が減免されている世帯
  • 国民年金の掛金の減免を受けている世帯
  • 国民健康保険料の減免または徴収の猶予を受けている世帯
  • 児童扶養手当を受けている世帯(原則全額受給者)
  • 生活福祉資金による貸付けを受けている世帯

また、上記に該当する方以外で、次のいずれかに該当する方

  • 失業対策事業適格者手帳を有する日雇労働者または職業安定所に登録した日雇労働者
  • 職業が不安定で、生活状態が悪いと認められる方
  • PTA会費、学級費等の学校納付金の減免を受けている方
  • 学校給付金の納付状態が悪い方または学用品、通学用品等に不自由している児童等の保護者で、生活状態が極めて悪いと認められる方
  • 経済的理由により学校の欠席日数が多い児童等の保護者

援助される費用

  • 学用品費
  • 通学用品費(小学校・中学校とも1学年は除く)
  • 新入学生児童生徒学用品費(新1年生のみ。ただし、年度当初認定者に限る。)
  • 校外活動費(泊あり・泊なし)
  • 修学旅行費
  • 学校給食費
  • 医療費(学校保健法施行令第7条に規定する疾病に要する経費で、保護者が負担することになる額)

申請方法

申請の受付は、本宮市教育委員会教育部幼保学校課で行っております。 ※申請は随時受付しております。