ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育総務課 > 本宮市立本宮第3保育所安全祈願祭

本宮市立本宮第3保育所安全祈願祭

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月5日更新

平成32年1月開所を目指す

本宮第3保育所の安全祈願祭は、2月1日、本宮字反町地内で行われ、関係者らが工事の安全を祈願しました。

本宮第3保育所は、建物の耐震性や老朽化などにより、現在の本宮第一中学校の一角に建て替えられます。敷地面積が4,350平方メートル、建築面積は1,100平方メートルで、平成31年10月完成予定、平成32年1月からの開所を目指します。新しい施設では0歳児から5歳児を受け入れます。

安全祈願祭で高松市長は「子育てしやすい街の実現のため、待機児童解消の1つとし、子どもたちに『保育所にもっと行きたい』と思ってもらえるような施設にしたい。安全に注意して工事にあたっていただきたい」と挨拶しました。

鍬入れをする高松市長

▲鍬入れをする高松市長

工事の安全を祈願する関係者

▲工事の安全を祈願する関係者