トップ > 組織でさがす > 農政課 > 相模女子大学生が地元食材メニューを考案しました。

相模女子大学生が地元食材メニューを考案しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月5日更新

相模女子大学生が地元食材を使用したメニューを考案しました。

 相模女子大学健康栄養学科の学生が、本宮市産の農産物などを使用した和・洋食2種類のメニューを考案しました。
 9月16日から18日にかけて、同直売所で開催される「さわちゃんマルシェ」で限定販売されます。

 和食は古代米入りご飯にピーマンの肉詰め、焼きなすのみそ田楽やかぼちゃの煮物など、洋食はガパオライスにズッキーニのチーズ焼き、かぼちゃのサラダや夏野菜ピクルスなどを予定しています。使用する古代米は市内の相模女子大学専用の農場「マーガレットファーム」でとれたもので、野菜についてもほとんどが地元産です。

 8月27日には試食会も開催され、学生らはマルシェに向けて準備を進めています。

和食メニュー

▲和食メニュー(写真は試作段階のものです)

洋食メニュー

▲洋食メニュー(写真は試作段階のものです)


本宮市
〒969-1192 福島県本宮市本宮字万世212 [ 地図 ] [ 開庁時間 ]
電話:0243-33-1111(代表) Fax:0243-34-3138

白沢総合支所
〒969-1292 福島県本宮市白岩字堤崎494番地22 電話:0243-44-2111 Fax:0243-44-2447