ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと > 農商工業 > 農業 > 米の全量全袋検査

米の全量全袋検査

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

米の全量全袋検査について

  本宮市地域農業再生協議会では米の全量全袋検査を行っております。

  28年産米の検査を実施しておりますが、検査した米はすべて基準値未満となっております(平成29年2月17日現在)

対象となる米

 出荷米・直接販売する米・飯米(自分の家で食べる米)・縁古米(親戚等へ譲渡する米)・くず米(ふるい下米)・飼料用米などすべての玄米が検査の対象となります。

検査の期間

 毎年8月下旬から11月下旬まで

 ※期間外の検査については農政課までご相談ください。(0243-24-5385)

バーコード

 全量全袋検査では、検査をする全ての米袋にバーコードラベルを貼付しなければ検査を受けられません。

 バーコードラベルは8月中旬に発送を予定しておりますので、9月までにお手元にバーコードラベルが届かない場合はご連絡ください。

 バーコードシールの貼り方はこちらをクリック![PDFファイル/149KB]

検査会場

 第1検査場   JAふくしま未来本宮倉庫(本宮市本宮字戸崎16-1)

 第2検査場   アルス株第3工場(本宮市本宮字名郷16-1)

 予約受付会場 本宮市役所1階第2相談室(33-1230) 9月上旬予約受付開始予定

検査結果

 検査結果は下記のリンクをクリックしてください。

 ○平成24年産米から平成27年産米 [PDFファイル/90KB]

 ○平成28年産米 [PDFファイル/79KB]

各種リンク

 詳しくは下記リンクをご参照ください。

 ふくしまの恵み安全・安心対策協議会ホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)