ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農政課 > 相模女子大生と本高生が稲刈り体験

相模女子大生と本高生が稲刈り体験

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月9日更新

 本宮市と地域協働活動協定を結ぶ相模女子大学の学生と同大高等部の生徒ら22人は、10月6日、今年5月に田植えをした市内の田んぼで稲刈りを行いました。県立本宮高校のJRCインターアクト部の生徒10人も参加し、たわわに実った古代米を一株一株丁寧に刈り取りました。作業の合間には、春に学生らが仕込んだ手作り味噌を使った豚汁が振る舞われ、実りの秋を満喫する1日となりました。

 収穫された米は袋詰めし、11月3日4日開催される相模女子大学の学園祭「相生祭」で販売される予定です。

古代米の稲刈りを体験する学生ら

古代米の稲刈りを体験する学生ら