ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

災害援護資金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

 東日本大震災により住宅や家財に被害を受けた世帯で、『災害弔慰金の支給等に関する法律施行令』に定める所得基準に該当する世帯主は、災害援護資金の貸付けが受けられます。

貸付限度額

  •   家財(自動車含む)の3分の1以上の損害        150万円
  • 住宅の半壊                                                170万円

          (被災した住宅を建て直す際に、その残存部分を取り壊す場合は250万円で、なお且つ世帯主が概ね1ケ月以上の負傷をした場合は350万円)

  • 住宅の全壊                                                250万円

          (被災した住宅を建て直す際に、その残存部分を取り壊す場合は350万円)

        

所得制限

世帯人員市民税における前年の総所得金額
所得制限
1人220万円
2人430万円
3人620万円
4人730万円
5人1人増すごとに730万円に30万円を加算した額

利率

        年1.5%(保証人がいる場合は無利子)

据置期間

         6年(住居が全壊の場合は8年)

償還期間

        13年(据置期間を含む)

償還方法

        元利均等償還(年賦または半年賦)

申請期間

        平成30年3月31日まで