ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > 学校給食に「地元産お米のムース」

学校給食に「地元産お米のムース」

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月19日更新

6月は食育月間

 6月は「食育月間」です。そして毎月19日は食育基本法で「食育の日」と定められています。

 学校給食センターでは、6月19日に食育の日として、地元の米粉を使用したムースの上に市内高木の根本市徳さんが栽培したイチゴ(とちおとめ)で作ったジャムを乗せた「地元産お米のムース」を提供しました。

 皆さんのご家庭でも食と健康を意識して、身近なことから「食育」に取り組んではいかがですか?

 地元産お米のムース          

 ▲まゆみちゃんのシールがはられた「地元産お米のムース」

 根本さん写真 

 ▲とちおとめを栽培している根本市徳さん