トップ > 組織でさがす > 秘書広報課 > こんにちは市長です

こんにちは市長です

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月26日更新

「こんにちは市長です」は、広報もとみやからの転載です。

こんにちは市長です

No.54「被災地に思いを そして新たな一歩」

 皆さん、こんにちは。
 熊本地震の発生から1年が経ちました。同じ被災自治体として、心よりお見舞い申し上げますとともに一日も早い復興をご祈念いたします。
 本市は、本年1月1日で誕生10周年を迎え、新たな10年のスタートを切りました。この節目にあたり、新たな「まつり」として、4月15日に「本宮市春まつり」が、ふれあい夢広場で開催されました。約12,000人の皆様にお出でいただき、ステージイベントや夜ざくら花火を満喫していただきました。今年の桜はつぼみの春まつりでしたが、この祭りは、避難を余儀なくされている浪江町で開催されていました請戸川リバーライン桜まつりと白沢地区で開催していた春祭りのコラボレーション事業として、2年前から開催したお祭りです。市は、これからも「本宮市春まつり」として多くの皆様に楽しんでいただき、本宮の元気を発信していきたいと考えております。
 翌16日には、「第11回もとみやロードレース大会」が開催され、市民の皆様をはじめ北は北海道、南は沖縄県から参加をいただいた2,060人のランナーの皆さんが自然豊かなもとみや路を駆け抜けました。参加者の皆さんや応援に駆け付けた沢山の方々から元気をいただきました。両イベントの開催にご尽力いただきました関係者の皆様に、御礼申し上げます。
 早苗月となり市内の景色も緑に色づき、農作業や屋外での活動も心地よい季節です。プリンス・ウィリアムズ・パークをご利用される方も沢山いらっしゃると思いますが、ただいま、10月完成の予定で「英国庭園」の整備を進めております。どうぞ秋の完成を楽しみにしていただきたいと思います。
 新年度が始まり、疲れも出やすい時期です。どうぞ体調管理には充分ご留意のうえ、お過ごしください。
(4月19日執筆)

No.53「次なる10年に向けて」

 皆さん、こんにちは。
 日ごとに暖かさが増し、木々の芽が吹き始め春の気配を感じる季節となりました。
 さて、3月5日に「本宮市誕生10周年記念式典」が、多数のご来賓の皆様並びに市民の皆様のご出席をいただき挙行することができました。
 勇壮な大太鼓の演奏で幕が開き、続いて東日本大震災で亡くなられた方々へ黙とうを捧げ、式では合併に際し多大なるご尽力をいただきました方々、本市発展の礎を築かれた方々、そして、本市復興のため、また、市政振興発展に多くの寄付をお寄せいただいた方々にそれぞれ感謝状を贈呈させていただきました。記念アトラクションとして、「ともに今日まで!そしてこの時間(とき)から、輝く未来へ!」と題し、市民の歌「みずいろのまち」作曲者のYukiyoshiさんのピアノ演奏に合わせ、合併から現在に至るまでの本宮市の 10年のあゆみを映像で表現し、市民の皆様からご協力をいただいた約1万枚の写真を基に「元気もとみやトライアングル」をデザインした巨大モザイクアートの披露や、将来の自分に、成長した我が子になど1,105通の10年後に届く手紙が、子ども達からまゆみちゃんに預けられました。フィナーレでは、100名を超える小学生が市民憲章の朗読、市民の歌を斉唱し、会場全体が一体となった式典には、感動を覚えました。多くの市民の皆様にご参加いただき、皆様とともに本市の10周年の節目を祝い、次なる10年に向けて、これまで以上に「福島のへそのまち」としての元気を全国に発信したいとの思いを強くしたところです。
 平成29年度予算のスローガンを昨年度に引き続き「みんなが活躍!!未来につながる もとみや創生」として予算を編成し、3月市議会定例会において慎重なる審議をいただきました。平成29年度についても、復興の加速はもちろんのこと、地方創生を本格的に進めるため、定住対策を強力に進めてまいりたいと考えております。
 JR東日本と基本協定を締結し進めておりました「本宮駅東西自由通路等の基本設計」および新たな賑わいの拠点としての「地域交流センターの基本設計」が、自由通路等整備推進検討委員会のご意見をいただきながら完成しました。駅舎の東口からは、安達太良山などの山並みの風景に溶け込む傾斜フレームとし、周辺の風景との調和の取れたデザインとなっております。今後は、基本設計に基づき実施設計を進めてまいります。
 4月は、新たな生活が始まる月、進学に就職にと新たなスタートの季節です。また、季節の変わり目でもありますので、体調管理に充分ご留意のうえ、お過ごしください。(3月22日執筆)

No.52「本宮市誕生10周年記念   式典挙行」

 皆さん、こんにちは。
 梅のつぼみが少しずつ膨らみ始め、小さな春の足音が聞こえて来る季節となりました。
 本宮市が誕生10周年を迎えた今年度は、これまで記念事業として、「NHK真打ち競演」、「市政広報番組放映」、「スポーツイベントを中心とした冠事業」などを展開してまいりました。3月5日には、10周年記念事業の締め括りとしてサンライズもとみやにおいて、「ともに今日まで!そしてこの時間(とき)から、輝く未来へ!」をテーマに「本宮市誕生10周年記念式典」を挙行いたします。
 式典では、10年の歩みの映像、多くの写真を集めたフォトモザイクアートの披露、10年後に届く手紙などの記念アトラクションも予定いたしております。本市誕生から10年の節目を多くの方々と祝うとともに、本宮市の限りない発展を目指し未来につながる式典にしたいと考えております。
 さて、29年度予算につきましては、「復興から地方創生へ」軸足をシフトし、地方創生における定住対策を強力に推進するとともに、市民の皆様が「安全で安心して暮らせる もとみや」の実現のため、さらには、次なる10年のまちづくりの形をしっかりと方向づけする思いの中で、予算編成をさせていただいたところであります。誰もが笑顔で元気に安心して暮らせる「住んで良かったと思える もとみや」が実感でき、市民の皆様と共感できることを目標として、スピード感を持って着実な市政運営にあたってまいります。
 新年度予算は、3月1日から開催の市議会定例会に議案として上程されます。市議会はどなたでも傍聴できますので、市民の皆様にお出でいただき市政に対するご意見等をいただきたく思います。
 間もなく、3月11日を迎え、東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故から6年の歳月が経過いたします。住宅除染は昨年末に完了し、生活圏域の森林除染や道路除染の作業が順次行われております。今後も引き続き、復興への取り組みを実行してまいります。
 春が待ち遠しい今日この頃ですが、気候の変わり目でありますので、体調管理に充分ご留意のうえ、お過ごしください。 (2月20日執筆)

No.51「One For All All For MOTOMIYA」

 皆さん、こんにちは。
 市民の皆さんには、すがすがしい新年をお健やかにお迎えいただけたことと思います。
 今年の1月1日には、記念すべき市制誕生10周年を迎えることができました。私も穏やかに新たな年を迎える事ができました。
 お正月唯一休みとなった2日には、大好きな箱根駅伝と大学ラグビーをテレビ観戦し、学生ランナーとラガーマンの熱い戦いに感動を覚えたところであります。ラグビーの言葉に「One For All  All For One」「一人はみんなのために、みんなは勝利のために」と言う言葉があったなぁー・・・そんな事を思いながら、本年、私たちは「One For All All For MOTOMIYA」「一人はみんなのために、みんなは本宮のために」心を一つにして、本宮のために何ができるかを考え、今年も市民の皆様が将来に夢と希望を持ち、みんなで安全・安心に暮らせる住みよいまちづくりを進めていきたいと思いを新たにいたしました。
 間もなく震災から6年が経過しようとしています。お陰様で本市の復興も進み、市内全域にわたる住宅除染作業は、昨年末までに完了することができました。今後も引き続き、復興への取り組みを最優先に進めながら果敢に人口減社会に挑戦してまいりますのでご理解とご協力をお願い申し上げます。
 早いもので、新年を迎え3週間が過ぎました。この間、1月3日の岩角山岩角寺の大梵天祭、8日の消防出初式などの伝統行事が開催されました。両日とも好天に恵まれ、多くの参拝者の皆様と一緒に幸せな一年を願い、消防団関係者の皆様とともに「無火災・無災害」を誓いました。また、8日の午後からは市の成人式がサンライズもとみやで開催され、今年は362人の方々が晴れて成人式を迎えられました。新成人の皆さんには「為すべき事を為す」との言葉を贈らせていただきました。新成人の皆様の今後のご活躍を期待いたします。
 大寒に入り、まだまだ厳しい寒さが続きます。各地でインフルエンザが流行しておりますので、体調管理に充分ご留意のうえ、お過ごしください。   (1月24日執筆)

バックナンバー

・過去の「こんにちは市長です」No.1~25
・過去の「こんにちは市長です」No.26~50

本宮市
〒969-1192 福島県本宮市本宮字万世212 [ 地図 ] [ 開庁時間 ]
電話:0243-33-1111(代表) Fax:0243-34-3138

白沢総合支所
〒969-1292 福島県本宮市白岩字堤崎494番地22 電話:0243-44-2111 Fax:0243-44-2447