ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福招く七福神舞

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月8日更新

八ツ田内七福神舞

白岩字塩ノ崎の通称・八ツ田内地区では、1月7日、小正月の伝統行事「八ツ田内七福神舞」が繰り広げられ、今年一年の家内安全・五穀豊穣を祈願しました。約350年の歴史を持ち、地区内の10軒からなる保存会が毎年3軒持ち回りで行っています。

 今年の本宿の石川さん宅では、太鼓や三味線の囃子に合わせ、七福神が踊りながら登場。その後、2人のひょっとこが現れると、ユーモラスなしぐさで踊ったり、養蚕具のまぶしを編んだりし、1年の幸を願いました。

幸福を祈願し披露された七福神舞

幸福を祈願し披露された七福神舞