ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > 鎌田さん 県文化振興財団顕彰

鎌田さん 県文化振興財団顕彰

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月9日更新

伝統美術の振興に貢献

福島県文化振興財団は、1月25日、平成29年度の顕彰者を発表し、鎌田博喜さん(本宮)が選ばれました。表彰式は、2月1日、福島市のとうほうみんなの文化センターで行われました。

財団では、美術、音楽、文学などの振興に貢献した個人、団体をたたえています。鎌田さんは手描き友禅師として着物文化の振興に寄与し、現在も活動を続けています。昭和46年の本宮美術協会の設立に尽力したほか、文化団体連絡協議会の基礎を作りました。平成4年から平成23年まで文化財調査委員としても活躍しました。

2月9日には、市役所を訪れ受賞を報告しました。鎌田さんは、「身に余る光栄。皆さんのご協力ありがとうございます」と喜びの言葉を述べました。高松市長はお祝いの言葉とともに「今後とも市の芸術文化発展のためご指導賜りたい」と、ますますの活躍へ期待を寄せました。

▲表彰された鎌田博喜さん(中央)

▲表彰された鎌田博喜さん(中央)