ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

英国庭園が開園

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月4日更新

チャールズ皇太子がメッセージ寄せる

プリンス・ウィリアムズ・パーク内に整備を進めてきた英国庭園が、11月4日開園しました。現地で行われた開園式には、日英両国の関係者約130人が出席しました。チャールズ皇太子からの開園を祝うメッセージが披露されると、会場は祝賀ムードに包まれました。

式では高松市長が庭園を核とした国際交流の促進や市の魅力や復興を国内外に発信することを誓いました。

内堀雅雄知事が祝辞を述べ、ポール・マデン駐日英国大使がウィリアム王子のメッセージを披露しました。レディ・ボリック前英国下院議員がメイ首相らの祝意を伝えました。根本匠衆院議員からは安倍首相からの言葉も伝えられました。

開園式には、福島庭園開園に尽力した元駐英大使の林景一最高裁判事と満山喜郎在英県人会ロンドンしゃくなげ会長、根本匠衆院議員、英国庭園アドバイザーの濱野義弘さん、英国訪問団の団員らも出席し、テープカットやくす玉割り、記念植樹で開園を祝いました。

テープカット

散策

植樹