ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > 消防団 中継送水の技術学ぶ

消防団 中継送水の技術学ぶ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月2日更新

中継送水講習会を実施

2月28日、本宮市消防団は団員研修会を開催し、団員約240人が、火災の際水利が遠くにある場合に行う「中継送水」の技術を学びました。
団員は、水利講習・中継送水講習・筒先講習の3班に分かれ、安達地方広域行政組合南消防署の職員から器具の正しい使い方について受講しました。


また、午後からは、3月から始まる火災予防運動に先駆け、市内4地区を担当分団に分かれ防火パレードをし、火災予防を呼びかけました。

筒先の使用方法を学ぶ団員

▲筒先の使用方法を学ぶ団員