ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > 第167回東北市長会総会へ出席

第167回東北市長会総会へ出席

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月28日更新

高松市長「稲作農家に対する支援対策について」を提案

10月28日、青森県十和田市において、「第167回東北市長会総会」が開催されました。

東北6県各市長会からは、国に対する要望として、主に「東日本大震災」および「原子力災害」からの復興・復旧について、さらには、各県が直面する喫緊の課題について、特別決議5件を含む全35件の議案が提出され、全議案が承認されました。

高松市長は、「経済・建設・交通関係分科会」において、一般議案「稲作農家に対する支援対策について」の提案理由説明の中で、稲作農家を取り巻く情勢、米の生産調整廃止に伴う懸念、原発事故の影響による風評の状況等々を説明し、国は、農家が営農意欲を失うことなく、持続的に水稲経営に取り組めるよう、米価安定対策や農業所得維持対策等についての事項について、国へ強く働きかけを行うよう要望しました。

touhokusityoukai  touhokusityoukai

▲経済・建設・交通関係分科会にて                     ▲東北市長会の様子   

  提案理由を述べる高松市長