ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

芋煮会で交流を

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月2日更新

地域の絆深める

10月2日、サンライズもとみやを会場に「第2回本宮市・浪江町ふれあい芋煮会」が開催されました。
本宮市と大玉村に避難されている浪江町の皆さんの交流の場を提供するため本宮市社会福祉協議会が主催し、浪江町・大玉村社会福祉協議会や日赤奉仕団など多くの団体が協力しました。


参加者は、キビタン体操やグーパー手遊び、宝ひろいなどで体を動かし、浪江町出身歌手・水原ゆきさんとハワイアンバンド「堀川明とヒロ・アイランダーズ」の演奏を楽しみました。
お昼には、本宮赤十字奉仕団と白沢赤十字奉仕団の皆さんが約260人分の芋煮汁を作り、また、浪江焼麺太国の皆さんが浪江名物・なみえ焼きそばを振る舞いました。

皆さんは、芋煮と焼きそばを食べながら談笑し、交流を深めていました。

ふれあい芋煮 ふれあい芋煮