ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市の紹介 > 話題 > 上尾市の書道家 赤熊玉蓉先生より寄付をいただきました

上尾市の書道家 赤熊玉蓉先生より寄付をいただきました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月16日更新

寄付受納式が行われました

本宮市と友好都市の上尾市在住の書道家、赤熊玉蓉(あかぐまぎょくよう)先生より、本宮市への復興支援金として多額の寄付をいただきました。
これは、今年1月15日から21日まで上尾市民ギャラリーで開催された「本宮市原発風評被害復興支援チャリティー展」での収益金をご寄付いただいたものです。


4月13日、赤熊先生と埼玉県中央書道人連盟の皆さん10人が市役所を訪れ、寄付受納式が行われました。

赤熊先生から高松市長へ寄付が渡され、本宮市からは御礼として、イメージキャラクター「まゆみちゃん」のぬいぐるみと本宮市の窯元で作られたタンブラーをお返ししました。

赤熊先生から「上尾市が本宮市と縁があると知り、何かお役に立てればと思い始めました。これからも頑張ってください。」と挨拶があり、高松市長は「大切に使わせていただきます。今後も上尾市の皆さんと深いお付き合いをさせていただきたい。」と御礼を述べました。

 

 赤熊玉蓉先生(前列右から3番目)と埼玉県中央書道人連盟の皆さん

▲赤熊玉蓉先生(前列右から3番目)と埼玉県中央書道人連盟の皆さん